脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

Q:病院のレントゲンやMRIの検査で「脊柱管狭窄症」と診断されました。歩いているとシビレやツッパリ、重い感じになります。脊柱管狭窄症は手術しかないと聞いたことがあり、名医も探していたところです。このDVDはあくまで慢性腰痛のもので、脊柱管狭窄症は適応ではないのではないですか。こんな私でも大丈夫ですか。

A: はい

脊柱管狭窄症とは、腰椎周辺の、神経などが通っている「脊柱管」が狭くなり、神経を圧迫して痛むものです。
慢性腰痛は筋肉の硬直や疲労によって、神経を圧迫したり、すべり症など骨格の変化を伴うのです。

それに対して、脊柱管狭窄症は、筋肉そのものは脊柱管の中の神経を直接圧迫していないので、適応されないのではないかと疑問を持つのも当たり前です。

しかし、私の鍼灸院で脊柱管狭窄症で訪れる患者様でも、実は慢性腰痛と同じ施術を行っています。脊柱管狭窄症の方に特別の、という方法は特にありません。

つまり、筋肉を柔軟にし、骨格のバランスを整えるのです。もちろん今回のDVDはそれを目的としたものです。
確かに筋肉を柔軟にし、骨格を整えることで直接的には、脊柱管そのものが広がったりすることはないかもしれません。 普通に考えると、痛みは軽減されなさそうですが、実際には痛みが軽減されたり、痛みなく歩ける時間が伸びたりしています。

これは、脊柱管狭窄症の直接的な神経の圧迫以外の、慢性腰痛による症状が改善されたため。 さらに、脊柱管狭窄症は血流を改善することでも症状が改善されますので、血流改善による症状の改善と考えられます。 筋肉を柔軟にし、骨格のバランスを整えることで、間違いなく血流は良くなり、痛みが軽減されることが期待できるのです。

あなたが脊柱管狭窄症で、痛いと思っている痛みの殆どは慢性腰痛による痛み、という可能性もあるのです。 もし仮に、殆どが脊柱管内の神経自体の圧迫であったとしても、血流の改善で痛みが軽減されることは期待できます。

すべり症や椎間板ヘルニアで、レントゲン撮影での変化が確認できなくても、痛みがなくなるということは起こっています。

同様に、脊柱管狭窄症でも、レントゲンやMRIでの変化はなくても、痛みが軽減できることは期待できるのです。

以上のことから、慢性腰痛のように直接的ではないにしても、原因は筋肉と言うことができます。よって、脊柱管狭窄症も適応になります。 手術はリスクも伴い、お金もかかり、失敗例も少なくありません。まずは「福辻式」をお試し下さい。


⇒腰痛改善・解消「福辻式」を今すぐ確認する!

 

サイトマップ